カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「絶園のテンペスト 」カテゴリ記事一覧

ヘッドライン
最新記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

絶園のテンペスト 第24話 『 それぞれの物語 』海外の反応

zetsu24end.jpg
絶園のテンペスト 第24話 『 それぞれの物語 』海外の反応です。
うーん、終わりましたね。
最終話も原作と若干違いましたが、これはこれで上手くまとまってて良かったかも。
最後のシーンは視聴者の判断に任せる的な感じで(原作にはそんなシーンや吉野のほうにそんな感情がないので)カットとなったわけですが、向こうでは結構不満に思ってる方が多いようです。

今回の感想もMyAnimeListから

-----
続きを読む
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

絶園のテンペスト 第23話 『 はじまりの戦い 』 海外の反応

zetsu23.jpg
絶園のテンペスト 第23話 『 はじまりの戦い 』 海外の反応です。
原作と違うようでチラホラ否定的な意見も見られるのですが、私はガンガンで44、45章を読んでいるだけなので今回のエピソードでの違いが分からぬ…(´・ω・`)
なんかほぼ原作準拠で来ていたからか、微妙な違和感を感じる部分もありますが…

今回もMyAnimeListからです。続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

絶園のテンペスト 第22話 『 不破愛花 』 海外の反応

コレ書いてる途中でガンガンが出ていることを知って買いに行ってしまいましたw
なるほど、こういう終わり方か。

海外の反応で一人その部分にちょこっと触れられてる方もいるのでご注意を。

今回もMyAnimeListからです。

aika_zetsuen222.jpg


■ハハハッ吉野が「さっき殴られたとき、凄く…マズイ骨が折れたような…」と言って倒れた時
 笑うのを止めることが出来なかったよw
 羽村は本当に強くなったねw

■ワオ。このシリーズは今までのところキャラクターが成長していく様をうまく見せているよね。
 真広と吉野はコレまでのエピソードを通じてより人間らしくなったと思う。

 最高の場面?

 意気地無しの羽村が世界を守らなければならなくなる。
 真広と吉野を殴り倒し怪我をさせた羽村はかなり凄かったね。
 そんな激しい場面が「凄く…マズイ骨が折れたような…」と吉野が言ったことで、一転してコメディに
 絶園のテンペストでドタバタ喜劇を見るのは非常に珍しいから価値あるシーンだったね。

 ただ、最後の場面での愛花の言葉は胸が痛むよ。

■愛花の手紙に何があるのか知りたい。
 次のエピソードは凄いことになるよ。

■羽村が主役じゃないことに感謝するよw
 不破愛花の真実を聞いた時の反応は真広や吉野とは正反対だった。
 コインの両面のように、感情を抑え理性的に話している二人の少年と、
 この状況がどれくらい間違っているか、人間らしい反応で彼らに話す羽村。

 左門も言ったように真広と吉野は実際の年齢より成熟しているように見える。
 主人公としてはあまり目にすることがないタイプの少年だ。

 羽村の思考は感情によって行動する、いわばジャンプに出てくるようなキャラクターだね。

■我々が彼らに言いたいことを羽村が声に出してくれるのは面白い。
 理屈しか言わない厄介なヤツって思ってたよw

 来週は本当によさそうだ。真広と吉野がコーヒーを飲みながら何を計画したのか知りたい。

■ワオ。怒っている恵は凄かったわね。彼だけが感情を見せているように思えたわ。
 彼は言いたいことをすべて言ってくれたわね。さぁ、行くのよ恵!!
 
 愛花との初対面のシーンは本当に素晴らしかった。
 少し失礼な振る舞いをする真広
 穏やかではあるものの誇り高く思いやりのある愛花
 愛花に対してはやや内気な感じの吉野

 吉野が「愛花ちゃん」と言ったシーンは本当によかった。
 そして「私、ちゃん付けで呼ばれたのは初めてです」と答えた彼女は、ちょっと可愛かったわw

 ただ最後の

  「どんな悲劇もきっと、その人たちといれば喜劇に変わって見えるかもしれませんから」

  には、少し心が痛んだわ。

 実は残っているミステリーが2つあるの。
 愛花の手紙の中身。そして羽村の彼女は誰?

 あと2エピソード。とても興奮しているわ。

■羽村の怒りが爆発し、吉野が破壊されるまでの過程には大笑いしたwww
 さらに彼だけが世界と戦わないといけないとかwww
 彼のような意気地のない人間に対してなんて責任を負わすんだwww(´∀`)

 彼ら三人が初めて会うシーンは好きだ。彼らの関係はユニークで楽しいよ。ナイス。
 次のエピソードはホントに凄そうだね。待ちきれないよ。 
 なんてアニメなんだ!今回もとても良かったぜ!

■二人が殴られている間…神に感謝したよ。

■私は恵が叱り飛ばす理由が理解できなかった。
 彼らがどのように反応しなければならないか、反応してはならないかを語るような人は嫌いです。
 誰にもそんなことをする権利があると思いません。正直このエピソードはあんまり好きじゃない。
 重要とは思えない若干のフラッシュバックくらいで何も無かったし。

 残る2話のエピソードはとても凄いモノになるだろうと確信している。
 少なくとも私はそう願ってます。
 

■最後の章が出版された雑誌によれば、最後の数エピソードはアニメで追加されたシーンが多いみたい。
 彼らは残り7章を3話で収める事が出来なかった。しかし、彼らを完全に憎むことは出来ないかな。

 彼女との会談では真広と吉野とで一緒に会っていた事にしてたし。(注:原作では真広と愛花のみ)
 それは本当に理にかなっているし、お互いの相互作用は、おそらく全体のショーの中でも最高だった。
 彼女を組み合わせたのは良かったと思ってるよ。
 
 羽村はどんな困難な状況にあったとしても行動できる人だね。
 彼は誇りに思えるほど成長しているね。

■とにかく素晴らしいエピソードだった。愛花がいなくて寂しい。彼女は偉大なキャラクターだった。
 彼女はいる。生きているわけではない。物語の中にいる。
 ただ彼女に対しての論争が解決された今。おそらく彼女を見る機会は少なくなるだろう。

 羽村は素晴らしい。彼は強くなったねぇ。
 みすぼらしい吉野(傷ついて本当にそう見えた)
 「凄く…マズイ骨が折れたような…」には笑ったw

 いつものように次も楽しみにしてます。

■うーん、ちょっと教えてください。
 真広と愛花の会話は維持されて満足したけど吉野との会話は名前のもの以外は無視されてたね。
 シリーズ構成を岡田が担当しているので結末がアニメオリジナルにならないように祈るよ。

■当たり障りのないエピソードだったね。マジで何も起きなかった。

■マンガのほうは二日前に終わったけど、詰め込んでくる?それともアニメオリジナルの結末になるの?
 欲を言えば引き伸ばして欲しいんだけど(;´Д`)
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

絶園のテンペスト 第21話『ファム・ファタール(運命の女)』海外の反応

絶園のテンペストも残り3話となりました。
原作のほうは来月号のガンガンで本編は終わりそうですが、アニメはどういう結末になるんでしょうかね?
ネームの段階でBONESに渡されていれば原作どおりの終わり方になるとは思いますが、それだと来月のガンガン発売前に最終話が放映されてしまいますよね。どうするんだろ?

今回も翻訳元はMyAnimeListです

aika_zetsuen2.jpg

■良いエピソードだったけど、愛花が絶園の魔法使いって知ってたし予想どおりの展開だったなー
 この作品は事が起こるまではわからないように伏線を張っているのがいいね

■すべてにおいて因果関係が絡み合ってて、それが上手くまとまっている作品ってそうないよね。
 素晴らしい。
 今回のエピソードでより彼らが好きになったよ。はじまりの木を倒す為、葉風が吉野/真広と合えるよう
 自殺した愛花。上でも書いたけどそうするしかないんだよね。
 今までの流れや回想シーン、キャラクタ-の反応の相乗効果で、それをより強く意識してしまうよ

■素晴らしい脚色だった。
 私の大好きな「私が被害者であり、探偵であり、犯人だったのです!」という引用は 
 あの場面によく合っていたよ

 いくつかのポイントで愛花が魔法使いである可能性を示していたし、
 みんなその可能性については考えていたと思う。
 事件に巻き込まれて殺された可能性も、愛花の推理ではっきりしたね。
 ある程度予測できるものではあるけど、このシリーズを見るのは楽しいよ。

■良いエピソードだった。でもやっぱり愛花より葉風のほうがいいなw

■今まで見たエピソードの中で一番良かったよ。残り3話が待ちきれない><

■今回は最高だった。愛花は本当に輝いていたね。彼女は最高だ。
 シャーロック・ホームズの振りをしたシーンは不可解だったけどw

 最後の数分間は悲しかったよ。葉風に迷惑がかからないように愛花が配慮していたところなんて特に。
 マンガでは悲しいとは思わなかったけど、アニメだと葉風と同じ気持ちになってたよ。

■そうすることが必要だからと実行する愛花。彼女は死ぬことにそれほど不安を見せなかった。
 私のお気に入りのキャラクターだね。

■このエピソードは私が何故愛花を好きなのか思い出させてくれたわ。

■あの戦いは予想通りだったけど一方的だったね。
 今回は今までの疑問点を解消する良いエピソードだった。

■他人がどう言おうと今回のエピソードは好きだよ。2番目くらいに。
 愛花の推理はいわゆる現代の視点から見た場合、的を得ている。
 彼女が死ななければそれらはどれも起こらず、より悪い未来になっていただろうね。

■この戦いで愛花が非常にエレガントだということが分かったよ。葉風よりも強かったね。
 最後に吉野が葉風の横を通り過ぎてたね。時間旅行モノは本当に好きなんだ。

■会話主体だけど戦いのシーンも素晴らしくて、このエピソードは非常に楽しめたよ。
 ところで愛花の剣がCHAOS;HEADのダイソードのひとつに見えたのは私だけ?

■二人の魔法使いの強さがあそこまではっきり違うのには驚いた。

■最後に大どんでん返しが起こる事を期待するよ。これではあまりにも悲しい。
 結果が変わらない時間旅行って意味ないだろ

  >>私は構成の穴を埋めるために時間旅行を用いるほうが嫌いだね。

■愛花が文明を破壊する木を倒すために死んだ事を非難できないなぁ。
 
■この作品は素晴らしいね。私は愛花が絶園の魔法使いと分かった時点で、彼女が自殺するか葉風に
 殺されると思ってた。予想したものとたいした違いはなかったけど、上手くまとめられていたね。
 
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

絶園のテンペスト 第20話 「フーダニット(誰がやったか)」海外の反応

いつもは翻訳してくれるところに見に行ってるんだけど、上がってこないので自分でやってみた。
赤点翻訳だけど気にしない!

ちなみにネタバレ配慮とかやってないし、する気もありません(ぉ

今回もMyAnimeListさんから翻訳です。



■最高のエピソードは次回に持ち越しとなりました。

■左門がヅラって言った時の私 ( ゚ _ ゚ ) そしてソレを冗談だと言った時の私 ( ゚ Д ゚ )

■「完全なる」絶園の魔法使いってスゴイな。串を斬馬刀に変えられるんだ。

■愛花は吉野と同じくらい鋭いね。自己紹介からの展開は緊張しながら見てた。
 葉風がどう感じているのかは想像することしか出来ないけどね。
 愛花が絶園の魔法使いであると明らかにしたことで流れが見えてきたね。
 
 しかし愛花はどうして死んだんだろう?
 葉風か、もしくは興味本位で言えば愛花以外の誰かに殺されるというのは想像できない。

■葉風は吉野の耳たぶに触れることが出来た( ´ ▽ ` )

■あそこでエンディングとかないわーw
 愛花が絶園の魔法使いだっていうのは別に驚かなかったけど、あの力には驚いた。
 物静かな彼女があんなふうに馬鹿デカい剣を出すとか。

■愛花が絶園の魔法使いだったという事実に葉風はどう対応するんだろ~。来週が待ちきれない(><)

■あの剣が欲しいんだけど…

■愛花Love! 原作通りに進んでて嬉しいわ。次は最高のエピソードよ。愛花がとにかく素晴らしいの。

■テンペストという物語において、愛花が重要な存在である為には何かが欠けていると思っていたよ。
 ところで何故マンガよりアニメのほうが進んでいるの?マンガはまだ24章なんだけど、
 アニメは物語の根幹部分をマンガのどの部分を参考にして作ってるの?

 >>愛花が絶園の魔法使いであるといったものはないと思う。つまりアニメならでは…じゃないかな

  >>アニメがマンガより進んでいるわけじゃないよ。翻訳されてるのが24章までで、
    原作は40章まで行ってる   

■ついに愛花が登場! …したんだけど、しっかり見るには来週まで待たなければならない(´・ω・`)

■ここでエンディングなんてやめてくれーwとか思ってたら終わった(´・ω・`) 

■なんだよコレ…なんだよコレ…なんだよコレェェェェェ!
aikawtf.png


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。