ヘッドライン
最新記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

絶園のテンペスト 第22話 『 不破愛花 』 海外の反応

コレ書いてる途中でガンガンが出ていることを知って買いに行ってしまいましたw
なるほど、こういう終わり方か。

海外の反応で一人その部分にちょこっと触れられてる方もいるのでご注意を。

今回もMyAnimeListからです。

aika_zetsuen222.jpg


■ハハハッ吉野が「さっき殴られたとき、凄く…マズイ骨が折れたような…」と言って倒れた時
 笑うのを止めることが出来なかったよw
 羽村は本当に強くなったねw

■ワオ。このシリーズは今までのところキャラクターが成長していく様をうまく見せているよね。
 真広と吉野はコレまでのエピソードを通じてより人間らしくなったと思う。

 最高の場面?

 意気地無しの羽村が世界を守らなければならなくなる。
 真広と吉野を殴り倒し怪我をさせた羽村はかなり凄かったね。
 そんな激しい場面が「凄く…マズイ骨が折れたような…」と吉野が言ったことで、一転してコメディに
 絶園のテンペストでドタバタ喜劇を見るのは非常に珍しいから価値あるシーンだったね。

 ただ、最後の場面での愛花の言葉は胸が痛むよ。

■愛花の手紙に何があるのか知りたい。
 次のエピソードは凄いことになるよ。

■羽村が主役じゃないことに感謝するよw
 不破愛花の真実を聞いた時の反応は真広や吉野とは正反対だった。
 コインの両面のように、感情を抑え理性的に話している二人の少年と、
 この状況がどれくらい間違っているか、人間らしい反応で彼らに話す羽村。

 左門も言ったように真広と吉野は実際の年齢より成熟しているように見える。
 主人公としてはあまり目にすることがないタイプの少年だ。

 羽村の思考は感情によって行動する、いわばジャンプに出てくるようなキャラクターだね。

■我々が彼らに言いたいことを羽村が声に出してくれるのは面白い。
 理屈しか言わない厄介なヤツって思ってたよw

 来週は本当によさそうだ。真広と吉野がコーヒーを飲みながら何を計画したのか知りたい。

■ワオ。怒っている恵は凄かったわね。彼だけが感情を見せているように思えたわ。
 彼は言いたいことをすべて言ってくれたわね。さぁ、行くのよ恵!!
 
 愛花との初対面のシーンは本当に素晴らしかった。
 少し失礼な振る舞いをする真広
 穏やかではあるものの誇り高く思いやりのある愛花
 愛花に対してはやや内気な感じの吉野

 吉野が「愛花ちゃん」と言ったシーンは本当によかった。
 そして「私、ちゃん付けで呼ばれたのは初めてです」と答えた彼女は、ちょっと可愛かったわw

 ただ最後の

  「どんな悲劇もきっと、その人たちといれば喜劇に変わって見えるかもしれませんから」

  には、少し心が痛んだわ。

 実は残っているミステリーが2つあるの。
 愛花の手紙の中身。そして羽村の彼女は誰?

 あと2エピソード。とても興奮しているわ。

■羽村の怒りが爆発し、吉野が破壊されるまでの過程には大笑いしたwww
 さらに彼だけが世界と戦わないといけないとかwww
 彼のような意気地のない人間に対してなんて責任を負わすんだwww(´∀`)

 彼ら三人が初めて会うシーンは好きだ。彼らの関係はユニークで楽しいよ。ナイス。
 次のエピソードはホントに凄そうだね。待ちきれないよ。 
 なんてアニメなんだ!今回もとても良かったぜ!

■二人が殴られている間…神に感謝したよ。

■私は恵が叱り飛ばす理由が理解できなかった。
 彼らがどのように反応しなければならないか、反応してはならないかを語るような人は嫌いです。
 誰にもそんなことをする権利があると思いません。正直このエピソードはあんまり好きじゃない。
 重要とは思えない若干のフラッシュバックくらいで何も無かったし。

 残る2話のエピソードはとても凄いモノになるだろうと確信している。
 少なくとも私はそう願ってます。
 

■最後の章が出版された雑誌によれば、最後の数エピソードはアニメで追加されたシーンが多いみたい。
 彼らは残り7章を3話で収める事が出来なかった。しかし、彼らを完全に憎むことは出来ないかな。

 彼女との会談では真広と吉野とで一緒に会っていた事にしてたし。(注:原作では真広と愛花のみ)
 それは本当に理にかなっているし、お互いの相互作用は、おそらく全体のショーの中でも最高だった。
 彼女を組み合わせたのは良かったと思ってるよ。
 
 羽村はどんな困難な状況にあったとしても行動できる人だね。
 彼は誇りに思えるほど成長しているね。

■とにかく素晴らしいエピソードだった。愛花がいなくて寂しい。彼女は偉大なキャラクターだった。
 彼女はいる。生きているわけではない。物語の中にいる。
 ただ彼女に対しての論争が解決された今。おそらく彼女を見る機会は少なくなるだろう。

 羽村は素晴らしい。彼は強くなったねぇ。
 みすぼらしい吉野(傷ついて本当にそう見えた)
 「凄く…マズイ骨が折れたような…」には笑ったw

 いつものように次も楽しみにしてます。

■うーん、ちょっと教えてください。
 真広と愛花の会話は維持されて満足したけど吉野との会話は名前のもの以外は無視されてたね。
 シリーズ構成を岡田が担当しているので結末がアニメオリジナルにならないように祈るよ。

■当たり障りのないエピソードだったね。マジで何も起きなかった。

■マンガのほうは二日前に終わったけど、詰め込んでくる?それともアニメオリジナルの結末になるの?
 欲を言えば引き伸ばして欲しいんだけど(;´Д`)
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

(適当に名前を入れておくと吹き出し付きになります。)
非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。